摂食障害は○○の病気 それを変えると必ず克服できる

摂食障害は治らない病気?

 

摂食障害は治る人もいれば

なかなか治らない人もいる。

それは過去にどんなことがあったとか

心の傷が深いからとか

家族や周りの協力がないからとか

外的な要因は一切関係ない。

なぜなら摂食障害は自分で自分を責める病気だから。

本人がそれをやめない限り克服できない。

症状が消えて医学的に治った!

とされても自分を責める癖

「生き方のクセ」が変わらない限り

本当の意味での治った状態にはならない。

その生き方のクセを変えるにはどうしたらいいのか?

 

摂食障害は○○の病気

 

私は自然療法を学んでいたときに

恩師に「摂食障害は信念の病気だ!」

と言われたことがあります。

当時はまだ病んでいたので

意味が分かりませんでした。

信念とは、正しいと信じる自分の考え。

私の正しいと思っていることが

間違っていると言われたような気がして

かなり落ちこみました。

しかし、ここで言う摂食障害の信念とは

「ある考えが行動を支配した状態」

やせたいという考えが行動を支配している

それが摂食障害の根本にある。

習慣化してしまった考え、思い癖

それが摂食障害の症状に代わって出てる。

だから症状を消しても

根本が変わらない限り

普通に食べるのが怖かったり

太る恐怖がついて回ったり

いつ過食してしまうか…

いつもいつか爆発するのでは?

という爆弾を抱えて

生きることになるのです。

さて、その考え方のクセ

変えるのはどうしたらいいのでしょうか?

 

思考パターンを変えていく方法

 

あなたは自分に対して

どんな言葉かけをしていますか?

「私には価値がない」

「私は人一倍努力しないとダメ」

「私はみにくい、だからやせてないと見捨てられる」

などなど人それぞれあると思います。

この言葉、

あなたの一番大切な人に

あなたは言うことができますか?

この言葉を四六時中言ってる人と

付き合いたいと思いますか?

いやですよね。。。

 

思考パターンを変えていく方法は

自分への言葉を検証して

ネガティブな言葉かけに気が付くこと

Eating Disorder Voiceなどといわれ

摂食障害の声とお友達になっている人が多い

一時的に助けになっていた

このEating Disorder Voice

今のあなたを苦しめてしまっている

まずは、その存在に気が付き

「ありがとう」とお別れしましょう。

そして、自分にとって

力をくれる言葉に置き換えていく

「大丈夫、なんとかなる」

「私は私でちょうどいい」

「なるようになる、その時はその時」

などお友達を変える

 

摂食障害を完全克服するために必要なこと

 

摂食障害は「治す」ことよりも

「生き方のクセ」を変えることが必要

摂食障害はもともと

「生きづらさ」が症状となって

出てきているものだから。

ある意味、症状はメッセージ

”生き方変えないと苦しいぞ~”って

心が限界にきているから

体のケアは命を落とさないために必須

医療はそのために助けになる

心のケアも心の傷を癒したり

こころの癒しに必須

でも摂食障害はそれだけでは

治っていかない人が多い

それは、「生き方」を学んでいる病気だから

あなたはどんな人生を送りたい?

自分軸で生きる生き方

それがないと人は幸せを感じない

 

摂食障害はあなたの人生を

変えるために起きていること

なぜそうなったのか?を

考えて自分の人生を生きる決意

してみませんか?

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

🎁LINEお友達追加プレゼント🎁

「摂食障害克服ハンドブック」

克服にお役立てください

お友達追加は以下のボタンからどうぞ

↓ ↓ ↓

Add friend

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です